キリマンジャロ登山 必須ではないがあったらいい装備3選

登山

キリマンジャロ登山する際に、必須な装備と言えばレインウェア・ブーツ・バックパックなど他にもたくさんあります。が、必須ではないにしろ、あると便利な装備を3つご紹介したいと思います。これらを持っていくことで、キリマンジャロ登山が快適で掛け替えのない思い出になることは間違いありません

1.ソーラーチャージャー

あまり聞き覚えが無い方も多いと思いますが、名前からなんとなく何かご想像できるでしょうか。ソーラーチャージャーとは、太陽光発電を用いた充電器です。キリマンジャロに関する以下のデータを見てください。

キリマンジャロにも雨季・乾季がありますが、基本的には雨は少なく、天気がいい日が多いですまた、キリマンジャロ登山では約3700mまでインターネットがつながり(ルートにもよりけりですが。。。)カメラ等も多用するためスマホのバッテリーは結構使ってしまいます。モバイルバッテリーを準備していても、6日間以上もの間スマホを使い続けるのは少し厳しい可能性があります。そこでオススメしたいのが、このソーラーチャージャーです。

ソーラー充電器 モバイルバッテリー ソーラー 大容量 20000mAh 4枚パネル ソーラーチャージャー ソーラーモバイルバッテリー 太陽光充電器 iPhone 防災グッズ スマホ スマートフォン タブレット 充電 折り畳み 折りたたみ 太陽光 折り畳 折りたたみ式

価格:3,999円
(2019/1/19 14:11時点)
感想(24件)

晴天が比較的多いキリマンジャロでは、大活躍します。私自身も登山中に、バックパックにソーラーチャージャーを常にかけており、ハットまで戻るとソーラーチャージャーからスマホ・カメラ等を充電するようにしていました。バッテリー対策をせずに、山頂からの絶景を撮れなかった!!なんてことの無いようにしてください!( ´∀` )

2. ブリーズライト

キリマンジャロ登山で最も厄介な敵は、やはり高山病になります。高山病になってしまっては、山頂を目指すどころか救急搬送されるなんてことになる可能性もあります。二つ目にご紹介するのは、そんな高山病対策となる道具になります。

ブリーズライト 肌色 レギュラー お徳用30枚入 メール便送料無料

価格:1,523円
(2019/1/19 15:13時点)
感想(134件)

ブリーズライトは、一般的には快適な睡眠をとるために使われるものですが、キリマンジャロでは昼間でも使えます。鼻にブリーズライトを貼り付けることで、鼻腔を拡げ、一度の呼吸での酸素摂取量が多くなります。昼間の登山中でも睡眠中でも酸素摂取量を増やすことにより、高山病にかかりにくくなります。せっかくアフリカまで行って登山しにいくので、登頂の成功率を少しでも上げるためにも、ブリーズライトを持っていくべきと思います

3. GoPro(もしくはGoProもどきのもの)

最後は、今や大人気のGoPro。静止画のみならず、動画で、しかも一人称視点で登山のログを残せるのは画期的で将来見返しても面白いと思います。GoProを知らない方は、以下を見てみてください。

登山のみならず、スキーやウォータースポーツなど、様々なアクティビティで大活躍間違いなしのGoPro。しかし、ネックは高い(;´・ω・)。

【あす楽対応】【GoPro】ゴープロ HERO7 Black 4Kムービー ウェアラブルカメラ CHDHX-701-FW 【国内正規品】【10P06Jan18】

価格:53,460円
(2019/1/19 15:25時点)
感想(9件)

なんと5万円を超えてしまいます(;´・ω・)。アフリカ行くだけでも、高いのにそんな払えるかよー!!って方は、最近ではGoProもどきが大量に出ています

【メーカー直営・100%正規品】MUSON(ムソン)アクションカメラ MC2 高画質 手ぶれ補正 WiFi 外部マイク 2000万画素 防水 広角 HDMI出力 ドライブレコーダー 防犯カメラ スポーツカメラ ウェアラブルカメラ【送料無料】【30日間返品フリー&1年間メーカー保証付】

価格:8,280円
(2019/1/19 15:28時点)
感想(15件)

中国系メーカー MUSONが手掛けるアクションカメラ。正直、GoProでなく、これで十分です。お値段もGoProの1/6!せっかくのキリマンジャロ、アクションカメラの購入も考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回、キリマンジャロに行くのにあたり、必ずしも必要ではないがあったらいいものを3つご紹介しました。ちなみに、私はすべて購入しました笑。また、別の記事でMUSONで撮った動画もご紹介してみようと思います!

コメント