キリマンジャロ登山 ー旅行・登山準備編ー

登山

今回のキリマンジャロ登山では、航空券の手配・現地宿の手配・ケニア~タンザニア までの移動・現地ガイドの雇い入れ・値段交渉まで全て自分たちでやりました。その辺のノウハウやベストプラクティスも含めてご紹介したいと思います。

キリマンジャロ登山 概要

まずはキリマンジャロ登山の概要/スケールを知ってもらうために、旅程を表形式で ご紹介します。なんと12日もお仕事を休ませて頂いてました。当時の上司には、感謝感激雨あられです。また、下の旅程において時間はすべて現地時間になります。

備考 時間 項目
1日目 12月28日 14:00 関西国際空港出発(中国南方航空)
17:25 中国 広州白雲国際空港到着 乗り継ぎ
23:05 中国 広州白雲国際空港到着 出発(中国南方航空)
2日目 12月29日 05:30 ケニア ジョモ・ケニヤッタ空港 到着
8:30 ケニア ジョモ・ケニヤッタ空港 出発(Riverside-shuttle バス)
11:00 ケニアータンザニア国境到着 入国手続
12:30 入国手続き終了 タンザニア入国
15:30 タンザニア モシ到着。現地登山ツアー会社出迎え
15:45 キリクライマーズ到着。値段交渉、契約。
17:00 We Travel Hostel到着、チェックイン
18:00 食事
20:00 就寝
3日目 12月30日 登山1日目 7:00 起床
8:00 We Travel Hostel出発(キリクライマーズ出迎え)
11:00 マラングルート駐車場到着
12:30 マラングルート(1900m)出発!登山開始
16:00 マンダラハット(2700m)到着
17:30 マンダラハットにておやつ(ポップコーン、クッキー、紅茶)
18:00 マンダラハットから歩いて10分のクレータまで散策
20:00 夕食・就寝
4日目 12月31日 登山2日目 7:00 起床
8:00 マンダラハット出発
14:30 ホロンボハット(3700m)到着
18:30 夕食
20:00 就寝
5日目 1月1日高度順応日 登山3日目/高度順応日 8:00 起床
10:00 ゼブラロックに向けホロンボハット出発
11:00 ゼブラロック到着
12:00 ホロンボハット到着。休養
18:00 夕食
20:00 就寝
6日目 1月2日 登山4日目 7:00 起床
8:00 ホロンボハット出発
12:00 キボハット(4700m)到着
12:00 ホロンボハット到着。休養
13:00 昼食
14:00 翌早朝の山頂アタックに向け就寝
22:30 起床。アタックに向けエネルギー補給(ポップコ―ン、クッキー)
7日目 1月3日 登山5日目 0:00 アタック開始。キボハット出発
5:30 グリマンズポイント(5600m)到着
6:40 キリマンジャロ山頂(5895m)到着
7:00 キリマンジャロ山頂 出発。下山へ
11:00 キボハット到着
12:00 キボハット出発
14:00 ホロンボハット到着
18:00 乾杯!夕食
20:00 就寝
8日目 1月4日 登山6日目 7:00 起床
8:00 ホロンボハット出発
12:20 登山口到着
17:30 キリクライマーズにて登頂証明授与
19:30 アルーシャ Ahadi Lodgeホテルに到着、チェックイン
20:00 6日ぶりのシャワー♪祝杯!
22:00 就寝
9日目 1月5日 8:00 起床
9:00 アルーシャ市内散策
12:00 アルーシャ Cultual Heritage Centreで食事。土産購入
20:00 ナイトクラブ併設のレストランで夕食
22:00 ナイトクラブで現地人とダンス
10日目 1月6日 7:00 起床
8:00 アルーシャ出発(The Riverside Shuttleバス)
13:00 ケニア ジョモ・ケニヤッタ空港 到着
15:00 ケニア市内散策(非常に危険なためしないほうがいい)
18:00 Carnivore Kenyaにてアフリカ最後の食事
23:59 ジョモ・ケニヤッタ空港 出発(Kenya Airways)
11日目 1月7日 18:35 広州白雲国際空港 到着
22:00 広州白雲国際空港 出発
12日目 1月8日 0:20 上海 浦東国際空港 到着
7:45 上海 浦東国際空港 出発
10:55 関西国際空港 到着
12:00 解散

アフリカ上陸~タンザニアでの登山準備

キリマンジャロまでの移動手段

キリマンジャロはご存知の通りアフリカ大陸最高峰になります。そのため、飛行機に乗ってアフリカに行くこと必要があります。キリマンジャロに行く際のアフリカ空の玄関口として考えられるのは、2つあります。

  • ケニア ジョモ・ケニヤッタ空港
  • タンザニア アルーシャ国際空港

実はアルーシャ国際空港の方が、キリマンジャロに圧倒的に近 いです。が、それでも私たちがケニアを空の玄関として選んだ最も大きな 理由は航空券の安さです。私が海外旅行する際は、必ずSkyscannerというサイトを使って航空券を調査しますが、12月29日現在で 3月1日発8日帰国の関空→ジョモ・ケニヤッタ空港、関空→アルーシャ国際空港の航空券 を調べると、

  • 関空⇔ケニア ジョモ・ケニヤッタ空港:最安101,129円
  • 関空⇔アルーシャ国際空港:最安205,550円

倍程度の差があり、これを見た瞬間、ケチな私たちはアルーシャ国際空港まで直接飛行機で行く選択肢は消えてしまいました。そこで、アフリカ空の玄関口はケニアとすることにした のですが、ケニアからキリマンジャロまで移動する手段を考える必要があります。この場合、ほぼ唯一の選択肢はThe Riverside shuttleと言われるシャ トルバスになります。
The Riverside Shuttle

ナイロビ-アルーシャ-モシ シャトルバス 時刻表
ケニア→タンザニア ナイロビ出発 ジョモ・ケニヤッタ空港到着/出発 アルーシャ到着 アルーシャ出発 モシ到着
ナイロビ→アルーシャ→モシ便 8:00 8:30 13:30 14:00 15:30
ナイロビ→アルーシャ便 14:00 14:30 19:00 × ×
タンザニア→ケニア モシ出発 アルーシャ到着 アルーシャ出発 ジョモ・ケニヤッタ空港到着/出発 ナイロビ到着
モシ→アルーシャ→ナイロビ便 6:30 8:00 8:00 13:00 13:30
11:30 13:00 14:00 18:30 19:00

バスは2便/日でています。

値段 片道 往復
ナイロビ→アルーシャ
アルーシャ→ナイロビ
約4000円 約8000円
ナイロビ→モシ
モシ→ナイロビ
約4500円 約9000円
アルーシャ→モシ
モシ→アルーシャ
約2300円 約4500円

お値段もそれなりにしますが、ポイントは仮にアルーシャまで飛行機で行ったとしても、 キリマンジャロ登山の麓となるモシまででも、ケニアーモシ間の半額程度はかかってしま うということです。ということで、旅行費を抑えたい場合は、飛行機で ナイロビまで行きそこからバスを選択しましょう。また、バスからの眺めは素晴らしく、 キリマンジャロ登山に向けて気持ちを高めていくことができます!

ケニアータンザニア道路

バスからの眺めです。タンザニアに入ってしばらく走ると、東方向にキリマンジャロ が見えてきます。また、アルーシャにつく直前に、アフリカ大陸で5番目に高いメルー山 (4562m)を見ることもできます!

ケニアータンザニア国境

タンザニアーケニアの国境。入国審査などを行います。

キリマンジャロ登山の現地ガイドとの契約

シャトルバスに乗ってタンザニアーモシに到着すると、現地登山ツアー会社の方が出迎えて くれました。

ぬこ「タンザニア人ってどんだけ親切やねん!」

違います。実は事前に現地登山ツアー会社とメールで連絡を取り合い、登山ツアーに 申し込む話はつけておきました。初アフリカだったので、大きな荷物を背負った 弱そうなアジア人は危険であると思い、登山ツアー会社に迎えを寄越してくれと お願いしていました。そのため、モシに着いたら早速、登山ツアー会社の事務所に行くこと なりました。今回、私たちが利用した現地登山ツアー会社はキリクライマーズ(Kili Climbers) になります。

キリクライマーズキリクライマーズの事務所

キリマンジャロでは現地ツアー会社が数多くあります。その中でも、キリクライマーズを 選んだ理由は、やっぱり安かったからです。 いくつか現地ツアー会社の比較をしておきます。いずれも、マラングルート・6日間のもの です。

会社名 値段
キリクライマーズ(Kili Climbers) USD 1100/人
Ascend Tanzania USD 1265/人
Monkey Adventures USD 1280/人
Tanzania Joy Tours USD 1293/人
Top Climbers Expedition USD 1580/人
Nyange Adventures USD 1920/人

会社によって値段差がある理由ですが、複数あります。1つ目は、値段の中に装備レンタル 台等が含まれているかいないかです。2つ目は、登山中のケアがどこまでされるかです。 例えば、登山中に定期的に血中酸素濃度を測ってくれる会社もありますが、私がお願い したキリクライマーズではそのようなサービスはありません。3つ目は、日本語で対応 してくれるかどうかです。上記の会社では、日本語サービスがあるところはありませんが、 日本語サービスがある会社では、USD 2000/人を越えてしまいます。 しかし、登山ツアー契約時にネゴシエーション等もあるため、あまり英語に自信が無い場合は 日本語サービスがある会社を選択するのもアリだと思います。

キリクライマーズの事務所に到着した私たちは、さっそくマネージャーとの登山ツアー 予約の値段交渉を開始しました。このときに、もっとも重要であることは、要求し 相手方も了承したことを、紙に書かせることです。紙に書かせ ることで、言った言わないのトラブルを防ぐことができます。値段交渉の結果、 USD 100/人程度のディスカウントと、登山終了後にアルーシャまで送ってもらうことに なりました。

キリクライマーズとの値段交渉後は、事前にBooking.comでホテルを予約しておいた We Travel Hostelに向かいました。ホテルというかゲストハウスのような ところで、かなり安く泊まることができます。単独での旅行の場合は、ドミトリーを 選ばないと安さを感じられませんが、複数人での旅行では一室部屋を借りたとしても、 非常に安く宿泊することができます。このWe Travel Hostelもだいたい1000- 2000円程度で宿泊することができます。

We Travel Hostel

ホテルチェックイン後は翌日からのキリマンジャロ登山に向け荷物の整理を行ったあと、 キリマンジャロ登頂を祈念して壮行会を実施しました。We Travel Hostelのすぐ前の、 Taj mahalというBBQ屋さんで、たっぷりお肉を頂き体力を回復させました。

モシでの食事

Taj mahalでの壮行会が終わった後は、We Travel Hostelで爆睡しました。

いよいよ、翌日からキリマンジャロ登山開始です。長くなったので、次の記事に 移したいと思います。

コメント