キリマンジャロ登山 ー事前トレーニング編ー

登山
会社生活も早4年を経過しようとしていますが、この4年で最も感動したことと言えば やっぱりキリマンジャロ登山です。2017年の9月ごろ、私は仕事以外で 目標を持ちたいと思い、キリマンジャロ登山を目指すことにしました。そして、2017年から 2018年の年末年始にかけてアフリカまで赴き、晴れてキリマンジャロの頂きに立つことが できました。今回から複数回にかけて、キリマンジャロ登山の全容をお伝えしようと思います。 読み終わるころには、ケニアへの航空券を手配しようとしている と思います!今回は、キリマンジャロ登山に向けて2017年9月~ 12月まで日本で何を準備したかをご紹介します。

9月決意時点の筆者のスペック

まずは、2017年9月時点での私のスペックです。実を言うと、とてもキリマンジャロを 目指すような感じではありませんでした。
  • 身長178cm、体重95kg
  • 約半年間、登山なし
  • 週の運動時間は15分
  • 2014年ごろに六甲山縦走(56km、累積標高2800m)踏破(当時は体重70kg)
この頃、仕事が忙しかったためストレスから暴食を繰り返し、半年間で15kgほど太ったとんでもない 時期でした。運動する気は全く起きないにも関わらず、かつやで松の カツ丼を2杯、仕事終わりの11時頃に食べるような彦摩呂も引くほどの生活を送ってました(笑)。 そんなとき、仕事も一段落つき、プライベートを充実させたくなってきました。もともと、 登山好きだったこともあり、少し無謀とも思えることに向けてあれやこれや準備するのが 好きな性格も重なり、年末年始にキリマンジャロ登ることを決意しました。

9-10月にしたこと

そこで、まず富士山に登ることにしました
分かりづらいですが、御殿場ルートの8合目あたりから撮った写真です。
その時の思いとしては、「富士山登れないのにキリマンジャロ登れる訳ないから、 富士山ぐらいは登っとくか」といった感じです。登山好きを自称していましたが、 その当時富士山に登ったことはありませんでした。ところが、富士山は大して辛くもなく、 俄然キリマンジャロ登山にやる気が出てきました。富士登山後、ダイエットと足腰の トレーニングを始めることにしました。

ダイエット

体重を減らすべく、ダイエットをすることにしました。このころの私の 食生活はこんな感じです。
  • 朝:おにぎり一つ+からあげくん:400kcal
  • 昼:会社のお弁当(米抜き):400kcal
  • 夜:おにぎり一つ+Lチキレッド:500kcal
目安は、一日1500kcal以内を目指しました。暴食を繰り返していた私にとって、 初めはつらかったですが、ダイエットって初めの辛さを乗り越えると案外辛くないんですよね!

トレーニング

特別なトレーニングはあまりしてませんが、寮(7階)の階段を毎日10往復程度することにしました。結論から言えば、 ここまでする必要はなかったと思います。 こういったトレーニングやダイエットを12月中旬 頃まで続けた結果、体重は95kg→85kgまで落とすこと に成功しました!

11-12月にしたこと

11月から怒涛の連続登山を開始しました。毎週毎週登山に明け暮れ非常に疲れました が、ものすごく充実していました。11月の第 一弾の登山は、福島県は磐梯山に行ってきました。

11月第一週:磐梯山

11月初旬の東北の1500mを越える山ともなると、山頂は 氷点下に達するほど寒かったです。この磐梯山、100名山の一つで天気の いい日には、山頂から南側の猪苗代湖を眺めることができます。が、私が行ったときは 生憎の天気で山頂にはほとんどおらずさっさと退散しました。おまけに、キリマンジャロ 登山用に新調したブーツが合わず、足のかかとが擦れてめくれてしまい、下山時は良かっ たものの、その後に行った宮城県の蔵王温泉では傷口にお湯が入り、泣きそうなほど 痛かったです。

11月第二週:大山

 写真は別のタイミングで撮った大山です。
大学院修了後、広島県に来て以来、大山は幾度となく登ってます(ゆうて4回ぐらい)。 ただ、それなりの標高まで登らないと行けないので、いいトレーニングにはなったと 思います。ちなみに、大山登山した場合に超オススメするのが 豪円湯院です。大山の登山口に近くにあるこちらのお店では、温泉と 食事が楽しめます。どちらも非常にリーズナブルで、お店に少し申し訳なくなるほど です。私は大山登山後、毎回立ち寄らせて頂いています。

11月第三週:剣山

大山の翌週には、これまた100名山の剣山に登ることにしました。剣山は、なんとい っても剣山山頂から見る次郎笈が美しいです。 景色としては、私は西日本の山の中で一番好きです。
剣山山頂からの次郎笈への稜線。剣山は別名太郎笈。太郎笈・次郎笈の語源は、剣山 縦走すれば分かります。

11月第四週:蒜山三山縦走

11月最後の週では、岡山県蒜山の三山縦走にチャンレンジしました。方向としては、 上蒜山→中蒜山→下蒜山と西から東に向けて縦走しました。
登山では、個人的には縦走が最も楽しいと思います。 というのも、見る景色が常に新しいからです。 出発地点に戻ってくる登山の場合、一般的には、来た道を帰ることになり、帰りが つまらんのです。蒜山縦走も非常に楽しめました。上蒜山山頂からの、中・下蒜山への 稜線は美しく誰しも歩いてみたくなると思います。 一方で、車で登山口まで行った場合、下山後登山口までどう戻るかを考えておかなくては いけません。これが、蒜山の場合最悪でした。登山口までは、 タクシーで戻る手段しかなく、そのタクシーが4000円と異常に高かったためです。 あきらめて、私は歩いて登山口まで戻ったので、その日は20km以上の長距離登山と なってしまいました笑。

12月第一週:六甲山半縦走(須磨浦公園~市ヶ原)

12月に入り寒さも本格化してきたころに、会社の同僚二人と六甲山半縦走にトライしました。 六甲縦走は行ける気がしなかったので、一旦ほぼ真ん中の市ヶ原を目指すことにしました。
夜明け前に出発して、まだ暗いうちに”馬の背”までつきました。一緒に行った同僚二人も ここではまだ元気だったけど。。。
六甲縦走ってのは、景色も良くないし、街中歩かされるし、正直最低の縦走路だと思います。 ほんとに、トレーニングのためだけの登山になっちゃいます。ただ、 初めて宝塚まで一日で行けたときに感じる達成感は格別なものがあります!

12月第二週:六甲山半縦走(須磨浦公園~有馬温泉)

もう端折りますが、翌週にまた六甲山縦走にチャレンジしました。今回は有馬温泉まで 行くことができました笑

12月第二週:低酸素ジム

この週には、梅田グランフロントにある好日山荘の低酸素トレーニングルームに行って きました。「キリマンジャロ行く二週間以上前に、低酸素トレ ーニングしても仕方なくない?」と言われそうですが、どうやらそんなこ とも無いようです!低酸素トレーニングを行った場合、一般的に高山病に強くなりますが、 その効果は2-3週間は維持するそうです。また、何より自分が 高山病に強いか弱いかを知ることができます!
好日山荘での低酸素トレーニングは以下のような流れになります!
  1. トレーニング前に動脈血飽和濃度・脈拍測定
  2. 低酸素室で30分間安静後、動脈血飽和濃度・脈拍測定
  3. 低酸素室で30分間比較的軽めの運動後、動脈血飽和濃度・脈拍測定
  4. 高酸素室で15分間安静後、動脈血飽和濃度・脈拍測定
ちなみに低酸素室はだいたい富士山頂と同等だそうです。私の場合は、たいしてしんどいとは思いませんでした。また、自身の感覚の通り、 私は比較的、高山病に強いということも判明しました。また、どの程度の脈拍・辛さの ときにどの程度動脈血飽和濃度が下がるかの感覚もつかむことができました。

12月第三週:西穂高独標

キリマンジャロ前、最後のトレーニングは北アルプスの一角西穂高に行ってきました。 高山病対策も兼ねて、西穂高山荘さんに一泊しました。
西穂高山頂まで行きたかったのですが、私のアイゼン・ ピッケルワークはまだまだ怪しいもので、独標に行くに留まりました(笑)。 しかしながら、西穂高の山容は、それはもう息を飲むほど美しいものであり、今思えば キリマンジャロより美しいんと思うほどでした(違うか(笑))。

まとめ

キリマンジャロに行くことを決意してから、実際に行くまであまり時間が無かったので、 仮に登頂できなかったとしても悔いが残らないよう、 詰めに詰めて登山しまくりました。なんでもそうなんですが、目標に向けて準備してる ときが一番楽しかったりするんですよね。なかなか疲れはしましたが、毎週連続登山、 非常に楽しかったです。 次回は、キリマンジャロ登山本編や予約方法などをご紹介 しようと思います!

コメント